自動車の交通違反

安全な自動車運転とは

自動車運転の際の交通規則違反

自動車を運転の際、交通規則を出来るだけ守ろうとしていますが、現状とあっていないスビード制限以下に記載します。街中は多くが40km~50kmのになっています。一部幹線道路は60kmだったり、専用道路なら、80kmだったりします。ここで取り上げるのは、40km~50kmの制限についてです。春と秋に警察が交通安全週間に重点的に取り締まるスピード違反は本当に妥当なのでしょうか?制定以来、見直しが行われず、スピード違反により罰金収入をドライバーから、定期的に巻き上げているようにしか思えない。以下の場所は、制限速度を60Kmにしても事故は多発しないはすです。街中の両側がガードレールで歩行者・自動車の分離が完全にできている地域。郊外の田舎道で見通しの良い場所。(一律でずっと40Kmというのは警察の怠慢)

安全な自動車運転を心掛ける

道路交通法や道路運送法という法律が制定され、公道を安全に安心して利用できるためには、これらの法律で定められた規則を守って自動車運転をしなければいけません。ハンドルを握ると車は走る凶器ともなるため、交通規則を守ることは最低条件となります。そしてハンドルを握ると気が大きくなることがあります。とくに高性能の大型車やターボ車などはその実力を発揮したくなります。自動車は便利で我々の暮らしを豊かにしますが、一方で使い方を間違えるととても危険な凶器と化し、人々の人生をも狂わす惨事ともなりかねません。そのためにも一人一人のモラルが大切になるのです。

↑PAGE TOP