自動車運転規則とは

自動車の規則を守る意義とは

なぜ自動車の運転規則を守るのか

自動車の事故は誰も起こしたいわけはありません。見落とし、勘違い、操作ミス、思い違い等々、全てはミスによるものなのです。人は機械ではありません。完全に間違いを犯さない人などいないのです。だから自動車を運転する際のミスが起きない様にするため決められているのが規則です。万が一という言葉があります。一時停止を守らないで、いつもの交差点を9999回無事で通過したから大丈夫なのではありません。1万回目に事故は起こるのです。また、1万回、一時停止をしていて一度も事故にならなかったから、次は守らなくても大丈夫なわけでもないのです。その時事故は起こるのです。だから規則を守るのです。そして、それを続ける事が大切なのです。

自動車の運転に規則を設ける

自動車の運転に規則を設けるメリットは初心者なら安全、お年寄りなら有効手段などです。初心者なら夜間運転などは不慣れなので、夜間の運転を制限すると安全につながります。また、お年寄りの運転は判断力に問題があるので、制限は有効手段と言えます。デメリットは、自動車の運転に規則を設けても守れない場合があることです。付合いなどの理由で夜間運転が必要となる場合があります。特に会社の飲み会時の運転手役の時は、断りにくいかもしれないです。その時は夜間運転の経験を積むことができるいい機会なので、頑張って運転してみると良いです。

↑PAGE TOP